本の電子化には代行サービスを利用しよう!スキャンピーがおすすめ

スポンサーリンク

本の電子化に興味のある方は多いでしょう。紙の本を電子化することで、それまで本を置いていたスペースに一気に空きが出ますから、部屋が片付いて断捨離が進みます。

しかし、自力で本を電子化するのは簡単ではありません。第一に時間の問題があります。本は何百ページもあるのが普通ですから、ページを1枚1枚スキャンしていくのにはたとえ1冊でも途方もない時間と労力がかかります。しかもそれを何回も繰り返さなきゃならないとなると……。考えただけで気が遠くなりそうですね。本のスキャンだけで1日終わった……なんてことにもなりかねません。

第二に費用の問題です。camscannerのような無料のスキャンアプリもありますが、無料なだけあって機能はほぼただのカメラのみに絞られており、快適に読める状態になるようにスキャンするには相当な技術と手間が要求されますので、スキャナーは自力での電子化には実質不可欠となっています。そしてまたこれが高い。5万円くらいします。5万はたいてスキャナーを買ったところでスキャンする手間は省けないので、あまりいいお金の使い方ではないでしょう。しかもスキャナってコピー機と同じく激しい光を発するので、そばにいると目が痛くてかないません。

そこで活用したいのが、電子化代行サービスです。電子化したい本を送ったら、あとは待つだけ、そして代金を払うだけです。代行サービスも結構お金かかるんだろうなとあまり期待していなかったのですが、今回電子化代行をお願いしたスキャンピーでは安価かつ迅速に対応していただけて、お値段以上でした。

※スキャンピーで電子化すると、本の本体は返ってきません。紙の本も持っていたい、という方には残念ながら向かないかもしれません。

スポンサーリンク

本の電子化にはスキャンピーを使いたい理由

スキャンピーは安いし早い

自炊代行となると、やはり気になるのが料金ですよね。スキャナを買って自分でやった方が安いんじゃ、代行の意義が薄れてしまいます。

スキャンピーは、300ページまでなら表紙込のスキャンが1冊あたり一律で80円という破格の値段になっています。そこにフルカラー+50円、OCR処理+80円、注文から2日以内にスキャン・納品してくれる特急便+100円などのオプションをつけていく形になっています。OCR処理とはOptical Character Recognition=光学文字認識 の略で、簡単にいうと、本の文字を画像ではなく文字情報として処理できるようにする機能です。特に参考書や教科書を電子化する場合、これがあると文中でわからない専門用語をコピペしてグーグルなどの検索窓に貼り付けて検索でき、不明点を調べるのがすごく楽になるので、つけることを強くおすすめします。

私の場合、教科書3冊をOCR処理、特急便のオプションをつけてお願いしました。教科書は一番ページ数が多いもので260ページ程度だったので、全て基本料金80円の範囲に収まりました。それでも(80:基本料金 + 80:OCR処理 + 100:特急便) x 3 (+消費税) で計842円だったので、かなりお得なのではないでしょうか。こんなに安いのに、仕上がりもとても綺麗で大満足です。

ただ、本をスキャンピーさん(新宿)に送る際の送料はこちら持ちなので、トータルでの出費はこの倍ぐらいになってしまいました。新宿から遠いほど、本の冊数が多いほど、送料での出費はかさんでしまうのでそこは考えものです。新宿駅から徒歩6分の店舗への直接持ち込みも可能なので、新宿近辺にお住まいの方は直接持っていった方が安くつくかと思います。

また、一度にたくさんの本を電子化したいときには、ページ数無制限で、OCR処理、表紙含めフルカラーのオプションがついて1冊210円のバリューパックが使えます。こちらは21冊以上から受け付けています。

サイトにもある通り、納品までにかかる日数はデフォルトでは最短でも10日程度と長めで、本の冊数に比例してさらに長くなりますが、これは特急便オプションをつけることで解消できます。1冊あたり100円しかかからないので、あまりにも冊数が多いとかでなければつけたところでそれほど痛手にはなりませんし、むしろたった100円で2日以内に納品してくれるのですからメリットがデカすぎます。つけない手はありません。

スキャンピーはamazonや楽天で買った本をそのまま電子化してくれる

場所ないし、できればこの本の電子書籍版が欲しいのに紙の本しかねンだわ、というときにも、スキャンピーは大活躍です。amazonや楽天などの通販サイトで本を買うとき、送り先をスキャンピーに設定すれば、そのまま電子化して納品してくれます。もはや電子版を買うのと変わりありません!わざわざ購入(自宅に配達)してから持ち込む手間が完全に省けるんですね。これはありがたい。

スキャンピーからの納品までの流れ

まず公式サイトで注文フォームに記入するところから始まります。自身の名前と住所含む連絡先、だいたいの冊数、オプションを選択して送信すると、5分から24時間以内の間に受付完了メールが届きますので、その後電子化してもらいたい本を宅急便でスキャンピー宛に送ります(送料は自腹)。電子化が終わるとこのようにメールで書籍データへのリンクが送られてきます。リンク先にダウンロードキーを打ち込み、電子化された書籍のpdfデータをzipファイル形式でダウンロードします。

メールでも赤字で強調されていますが、セキュリティの問題で、データにアクセス・ダウンロードできるのは納品後30日以内なので注意してください。

私がスキャンピーに電子化を依頼したのは5月の連休中だったのにもかかわらず、特急便オプションをつけたところ2日以内で完了してくださりました。感謝……。

本の電子化を検討しているけどなかなか踏み出せないでいる方、スキャンピーを使ってみませんか?

合わせて読みたい

以前、論文をタブレットで読むといろいろと捗る、という記事を書きました。 しかし、タブレットが活きるのもノートア...

シェアする

フォローする