goodnotesとiPadで論文読むととても捗るのでみんなもやろう

スポンサーリンク

以前、論文をタブレットで読むといろいろと捗る、という記事を書きました。

論文を印刷する手間なく、紙と同じ感覚で読めるのがタブレット。

しかし、タブレットが活きるのもノートアプリあってこそ。今回は、論文読むのに大活躍間違いなしの優秀すぎるノートアプリ、goodnotesの究極の便利さを解説しちゃいます。

スポンサーリンク

goodnotesとは?

goodnotesは、利用者数の多さで一二を争う人気ノートアプリです。有料アプリで、960円かかります。

goodnotes 4goodnotes 5の2バージョンがあるようで、2019年6月現在、goodnotes 5が最新です。

goodnotes 4をインストールすると無料でgoodnotes 5もついてくるので、これから購入するという方はgoodnotes 4の方を購入するのをお勧めします。両方試してみて、合う方を選べますからね。

私はこのことを知らなかったので何も考えず5の方を買ってしまい少し後悔。goodnotes 5を買ってもgoodnotes 4はついてこないので、注意してください。

goodnotesは、アナログとデジタルのいいとこ取り!

goodnotesの何がすごいって、電子書籍であることを忘れさせてくれるくらいの圧倒的紙感覚です。Apple Pencilを使うと、ほとんどズレがなく認識され、紙にペンで書いているのと遜色ないくらい気持ちよく書けます。

この通り、書き込みも細字で自由自在。論文にもたくさん書き込めそうです。

電子書籍リーダーではおなじみになりつつある蛍光ペン機能ももちろん健在で、色や太さも簡単に変えられます。

ここでご注目いただきたいのが、線をぐにゃぐにゃに引いているのにもかかわらず、引き終わったらちゃんとまっすぐになっていること!これはgoodnotes 5にのみついている、多少曲がっていても直線にしてくれるありがたい機能です。

この機能、電車などでの移動中に論文を読む必要性に迫られたときに真価を発揮します。電車は結構揺れるので、まっすぐ線を引くことなどほぼ不可能になります。紙とペンだったら、蛍光ペンが紙面を縦横無尽に走り、どこに線を引いたのかもわからない、見るも無残な姿になってしまうことでしょう。こんな風に、電子ノートだからこその強みもしっかり活きているのがgoodnotesのいいところです。
間違えてしまっても文字通り跡形もなく消せる消しゴム機能も、電子ノートならではといえるでしょう。

論文への書き込みが完全なる勘違いだったと気づいたとき、線引きすぎて読みにくくなったと感じたとき、綺麗さっぱり消して書き直せるので、常に論文を読みやすい状態に保つことができます。

goodnotesの限界 大きいファイルはダウンロードエラーに

goodnotesで論文や教科書・参考書を読むには、Dropboxなどのクラウド、メールの添付ファイル、ウェブサイトなどからpdfファイルをgoodnotesアプリに読み込むことが必要なのですが、このときあまりにもファイルサイズが大きいとダウンロードエラーと表示され読み込めません。あくまで自分の経験ベースですが、具体的には15MB(メガバイト)くらいが限界のようです。

goodnotesに取り込みたいファイルの容量が15MBを超える場合は、ちょっと面倒ですが、ひとつあたり10MB程度になるようファイルを分割し、それぞれを取り込みましょう。

たとえば、全部で300ページほどの『アルティメット料理大全』という本を電子化して取り込みたいとします。一気に読み込むのは到底不可能です。なので、「アルティメット料理大全1章〜3章」、「アルティメット料理大全4章〜6章」、というような別々のファイルに分割して、全てをひとつずつ取り込むことになります。「pdf 分割」で検索すれば、ファイルをドラッグアンドドロップで簡単に分割できる無料サービスがたくさんヒットします。

iPadとApple Pencilを揃えて、快適に論文を読んでみませんか?

created by Rinker
Apple(アップル)
¥11,234 (2019/08/24 13:06:21時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

フォローする