【通学リュックとして愛用中】カンケンバッグ ラップトップ15インチは大容量で使いやすい!【実物の画像付き】

スポンサーリンク

入学・入社・新年度のスタートといったタイミングで、使っているカバンを新調したい!という方も多いのではないでしょうか。荷物が多い方には、ショルダーバッグより肩に負担がかからないリュックは魅力的ですよね。

でも、おしゃれなリュックは全然ものが入らなくていつもの荷物が収まるはずもない、一方で大きくてたくさんものが入るリュックは山ごもりでもするの?て感じの無骨な、もっと言ってしまえばダサくて普段使いするモチベーションが湧かないデザインばかり……というジレンマに見舞われたことはありませんか?私自身も、リュックを買ってはどうもしっくりこないと1年足らずで使わなくなりそのまま放置、というのを幾度となく繰り返してきたため、自宅にはいらないリュックの山が積み上がっています。

ですが、そんなリュックジプシーだった私が2年も愛用し続け、もうこれ以外は考えられない!とさえ思わせてくれるリュックがあるのです。それがこのカンケンバッグ ラップトップ15インチ。その名の通り、15インチのパソコンを楽々収納できる、容量18Lのリュックです。通勤・通学幅広く使えるデザインですが、パソコンや専門書で毎日大荷物になりがちな大学生・大学院生に特にオススメしたいです。

スポンサーリンク

カンケンバッグ 街で見かけるキツネのアイツはスウェーデン生まれ

最近では一時期ほど流行ってはいないようですが、皆さんもキツネのマークがついた四角いリュックを見かけたことがあるのではないでしょうか。これこそがカンケンバッグです。

実はこのカンケンバッグ、制作秘話が結構感動的なのです。

40年ほど前、スウェーデン国民は背中の痛みや肩こりに悩まされていたといいます。そんな悩める国民を救うべく、体に負担のかからないカバンを、ということで1978年に生み出されたのがカンケンバッグというわけなのです。また、スウェーデン王室ご用達というのですから、品質は確かですね。

あのキツネマークはホッキョクギツネを表しており、売り上げの一部がホッキョクギツネの保護プロジェクトに利用されるなど、自然保護活動にも積極的なようです。

カンケンバッグの種類 レギュラーサイズだけじゃない!

皆さんがよく見かけるのは、このタイプではないでしょうか。

フェールラーベン Fjall Raven カンケンバッグ リュック 16L KANKEN FR23510 リュックサック デイパック バックパック 通学 通勤 レジャー

created by Rinker
¥4,899 (2019/09/21 04:44:17時点 楽天市場調べ-詳細)

これはレギュラーサイズといって、おそらくカンケンバッグの中で最も多く流通しているタイプです。サムネイルのおねえさんが背負っているのもこれです。

A4の書類がちょうどぴったりなサイズ感といえばイメージしやすいでしょうか。一般的なトートバッグと同じくらいの容量だと思います。

その次によく見かけるのがこのカンケンバッグ ミニ

こちらはかなり小さいB5サイズとなっていて、ちょっとしたお出かけや子供用として人気があります。これを通勤・通学カバンにしようとしたら、よほど荷物が少なくない限りサブバッグ必須ですね。

そして私の愛用しているカンケンバッグ ラップトップ15インチは、上記2つに比べると目にする頻度がぐっと下がります。検索しても明らかにレギュラーサイズより情報が少ないし、知名度・認知度自体が低いのでしょう。なんとももったいないことです。

ここからは、実際の写真を交えつつその魅力をお伝えしたいと思います!

カンケンバッグ ラップトップ15インチのここがすごい!

カラバリが豊富でオシャレ!

先ほど申し上げたように、リュックには容量が増えれば増えるほど実用性重視となり、デザイン性を犠牲にしがちな傾向があります。

しかしながらこのカンケンバッグ ラップトップ15インチは、レギュラーサイズのスタイリッシュさはそのままに、大幅なサイズアップに成功しています。カラーバリエーションは10種類程度とレギュラーサイズの40数種類には劣るものの、それでもかなりの数で、自分のファッションテイストに合った色を探す楽しみもあります。

2年使って色あせてしまっていますが、私のはグラファイトです。2年どころか5年くらい使っていそうなくらいにくたびれてしまったのは、きっとガッツリ水洗いしてしまったからです……。水洗いしてから明らかに汚れがつきやすくなったのです……。カンケンバッグを長く綺麗に使いたいなら、水洗いはしない方が賢明でしょう。

紺色のようなこの色は、服装を選ばず使えるので重宝しています。入手困難な人気色なので買えたらラッキーですよ!

たくさん入るのにコンパクト!

大容量リュックには見るからにゴツくて取り回しに苦労しそうなものが多く、背中が全部埋まってしまいそうなものも珍しくありません。実際背中が埋まるようにしながら持ち歩いている人もそこそこ見かけます……。背負っている本人にとっても不便ですし、電車などの混雑した場での扱いにも困りますよね。

ところがこのカンケンバッグ ラップトップ15インチは、高さ40cm 、幅28cm、奥行き16cmと縦に短く奥行きのある形なので、大容量を確保しながらもコンパクトなサイズ感となっているので扱いやすく、小柄な女性でも楽に使えます。

実物の写真。奥行きがあるのを実感いただけたでしょうか。

また、パッドつきの肩ひもも負担軽減に一役買っています。

これのおかげで大荷物でもひもが肩にめり込むことなく使えます。こちらはレギュラーサイズにはありません。

後ろの収納スペースのおかげで荷物スッキリ!


こちらはカンケンバッグおなじみの背中パッド。背中が痛くならないようにという製作者の思いやりが伝わってきます。

ですが大容量の利点を最大限に活かしたければ、思い切って取っちゃいましょう。新たな収納スペースが生まれます。

こんなに開くから出し入れも楽々。

ここにノートパソコンや書類を入れると本体部分が片付いて使いやすくなります。ちなみにパッドを取り外しても背中の疲労度にはそれほど変化はありませんでした。

見かけからは想像できない高い耐久性!耐水性も○

オシャレ雑貨のような見た目のカンケンバッグ。あまり丈夫そうには見えませんよね。ですが、実はカンケンバッグにはビニロンフィラメントという特殊素材が使われているのでかなり頑丈なのです。

ビニロンフィラメントとは日本で開発された素材で、ロープや漁網など耐久性を要する道具にも使用されています。耐久性はお墨付きというわけですね。


写真を見ていただければ分かる通り、肩ひもの付け根などは見るからに危なっかしく、切れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしてしまいますが、特殊な方法でしっかり縫いとめられているらしく、大荷物を持ち運んで2年使い続けた今でもピンピンしています。
また、完全防水というわけでもないのですが最低限の耐水性も備えており、それほど強くない雨なら傘をささずに歩いても中身が濡れてしまうこともありません。

シェアする

フォローする