大学院生のサークル活動や趣味について考える

スポンサーリンク

大学院生(以下院生とします)というと、研究ずくめで多忙を極めているか暇を持て余しているかの二極化したイメージを持たれがちですが、実際にはそのどちらでもありません。

確かに一般的な会社員よりは時間的自由がかなりありますが、だからといって年がら年中暇してるというわけでは断じてないのです。せっせと実験をし、論文や書類を書き、それらに1日費やすことも多々あります。というわけで忙しい時期はかなりのブラック労働になります。しかも給料は出ない。ですので院生の過ごし方というのは、自営業に近いと考えていいでしょう。

ただ、院生がお給料をいただいている労働者と違うのは、受動的な労働ではなく能動的な研究に従事しているという点です。いわば「好きなことして生きている」わけですから、お金がもらえないのも当然といえば当然です。しかしながら、この立場が時に院生を苦しめます。親にも金銭的に迷惑をかけて、労働者の皆さんが払ってくれた税金で研究させていただいてるのだから、研究に全てを捧げるのが義務だ、遊ぶのなんてもってのほかだ、というように、自分の立場への負い目や罪悪感で、自分を追い詰めてしまいがちになります。

ところが、四六時中研究のことだけを考えるよう努めていると、かえって行き詰まってしまいますし、逃げ場がない状態ですので思考がどんどんネガティブになってしまいます。院生は何かと思いつめやすく自殺率も高いようですが、おそらく上手に趣味でストレス発散できなかったことによるのかな、と思ったりもします。院生にだって、サークル活動や趣味を楽しむ権利はあるのです!

研究以外のことをして思考がリフレッシュされることで、かえって研究の能率が上がることも望めます。長い研究生活を生き抜くためにも、研究と関係ない趣味を持つことは院生にとって文字通り生命線となりうるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

院生のサークル・趣味事情

専攻柄(音声学)か偶然かわかりませんが、音楽系のサークルに入っている人が私の周りには多いです。大学祭の時期など年に数回あるコンサートやライブのために長期間練習をするため、時間的拘束はかなり大きそうです。しかしそれで研究がおろそかになっているかというとそんなことはなく、サークルに全力投球しつつも皆素晴らしい研究成果を出していますし、彼らも逆に研究だけだとやっていけない、音楽に助けられているところがあると言っています。また、サークルに入っていなくても、楽器の演奏やスポーツを趣味として楽しんでいる人もいます。それも結構高いレベルまで達していて、この人たち研究だけじゃないんだなあ、すごいなあと、話していて感心させられます。

院生がサークルに所属するメリット

このように、サークルに入っているからといって研究ができなくなるということはなく、むしろ研究の起爆剤にすらなるような気がします。なぜなら、サークルにはある程度の強制力があるからです。

研究のアイディアというのは四六時中机に向かっているだけでは浮かんでこないものだし、長時間ダラダラ考えるよりも短時間で集中した方が論文執筆などのノルマをこなしやすくなります。サークルは強制的に一定時間研究から離れる場を作ってくれるので、その分必然的に研究にかけられる時間は減ってしまいます。ですが、これがチャンスなのです。サークルがある時間帯は事前に知らされていることがほとんどですから、当然それを念頭に置いたスケジューリングをすることになります。すると、前もって研究の計画を立てるようになりますし、限られた時間で最大限の効果を出しつつ効率的に進めようという意識がはたらくので、かえって研究がスムーズに進むようになります。

いつでも時間がある、という状態が実は危ないのです。まだ時間があるからいいや、と安心しきって先延ばしにした結果、いつの間にか締め切りが間近になっていて大いに焦る羽目になったり、そうでなくても要領の悪いやり方で取り組んで、時間ばかりかかってそれほど研究が進まない、という事態に陥ったりしやすくなってしまいがちです。院生がサークルに所属することは、タイムマネジメント能力をつけるという意味で有効でしょう。

趣味の時間を増やしたことで起こった変化

とはいえ私には今更サークルに入ってフルコミットできるほど熱意のある趣味もないので、サークル活動をするという選択肢はなくなりました。それでもサークル活動の持つ、強制的に研究から思考を切り替えさせてくれるという恩恵には預かりたい。

ではどうしたかというと、1日のうちに最低1時間は研究のことを一切考えない時間を設けることにしました。いわば自主サークル状態です。その間は何をするも自由な時間としましたが、研究に関わることは絶対しない、ということを徹底しました。例えば読書をするなら、社会学など言語学以外の分野の専門書だったり小説や詩集を読む、などです。すると、それまでに比べて明らかに研究の能率が上がりました。1日中研究のことを考えて悶々としていた時期に比べると頭も冴えてきて、アイディアも出やすくなったし論文やレポートを書いても筆が進むようになりました。

次項からは、趣味なんてないし、これからサークルに入るのもなぁ、とお悩みの院生におすすめしたい、手軽に始められる趣味の紹介をします。

サークルに入れない・入らない院生にオススメの趣味

読書

読書は大学の図書館を利用すればお金もかかりませんし、時間と場所を選ばない趣味ですので気軽に始められます。自分の専門関連の本だと研究の延長のような感じがして、義務感が生じてきてしまいますので、小説や専門外の事象についての本を読むのがいいでしょう。他の分野の知識が、思わぬところで自分の研究を助けてくれるかもしれません。

プログラミング

最近にわかに需要が増しているのがプログラミングスキル。一旦身につけてしまえば在宅でも稼げるようになるので、自由時間が不規則な院生にもありがたい収入源となります。実用的な趣味ですね。今はProgateのように安価なプログラミング学習サイトもありますので、思い立ったらすぐ学習をはじめられます。

月額980円で15言語が学び放題、復習し放題。そんなProgateのメリットを活かし尽くす。

ブログ

プログラミングよりは収入に結びつきづらいですが、こちらも研究と両立しつつ稼げる可能性のある趣味です。ブログで稼ぐことに興味がある院生は以下の記事もどうぞ。

お金がないからといってブログ副業を諦める必要はありません!お財布に優しくて高性能なロリポップは駆け出し大学生ブロガーの強い味方。

また、いくつもブログ記事を書くことで、プレゼン能力やアウトプット能力など、研究に必要な能力に磨きをかける効果も期待できます。

趣味を楽しむことに罪悪感を覚えている院生の皆さまの助けとなれば幸いです。

シェアする

フォローする