万年筆紹介 ~SAILOR・ほしくず編~

スポンサーリンク
ベースは夜空を思わせる群青色です。この写真だと何の変哲もないただの青軸万年筆に見えますが……。ここからが本領発揮です!
星空つながりで、遊星商會さんの綺羅星紙を背景にしてみました。ホログラム加工のおかげでいい感じに紙がレフ版のようになって、ほしくずの最大の持ち味であるボディのラメがキラッキラ輝いています。
トリムは銀色で、寒々しい冬の夜空をよく表しています。フラッシュを焚いて撮るとラメがますますくっきり浮き出てきます。こうして見ると全身くまなくラメびっしりですね。すごい……!
先ほどの写真では銀色に見えていた紙の上の星座たちはフラッシュの強い光で虹色に変化しています。角度や光の当たり加減によって星座模様の色が全然違ってくるという面白いしかけつきなのです。

ペン先はステンレスで、細字です。
PILOT 色彩雫シリーズの深海を入れて使っています。ほしくずの軸色にも近い典型的なブルーブラックで、使いやすい色です。大学の講義の板書や卒論のメモ、院試勉強となんにでも使っています。
フラッシュ付きでさらにパシャパシャ。ああ、たまらん……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする