iPad miniのキーボードにはArtechがオススメ!

スポンサーリンク

こんにちは。りーざです。

ひとつ前の記事でiPad miniに専用のキーボードを組み合わせて使っていることを書きましたが、使用開始から数日が経ち慣れてきたので使い心地についてなど詳しく紹介していきたいと思います。
https://leeza-phoneki.com/2017/10/24/students-tablet/

タブレットとキーボードを組み合わせるとスキマ時間にタスクをこなしやすくなって捗ると友人が言っていたのを聞いて、これは便利そうだと愛用のiPad mini用キーボードの導入を検討。とはいえお金はそれほどかけられない……。というわけで、安売り商品を狙って安定のAmazonで探し始めます。

何より安いのが魅力ですし、レビューを見る限り値段の割に性能もよさそうだったので、最初はこれ

これを見つけました。値段を見るとprime価格でなんと約2500円!横線で消された元値は5990円でしたから半額以下です。先ほど紹介したLOGICOOLの安価なキーボードと同じ値段で買えちゃうということになります。Amazon student様様です本当に。既に通常プランでAmazonのアカウントを作ってしまった学生の皆さまも、途中からAmazon studentに変更できるので是非!お試し期間の半年はタダ、それが終わっても年間たったの1900円ほどです。リンク

商品紹介の写真を見ると、蝶番状の留め具でiPad mini本体を固定する形になっていて、ノートパソコンのような操作性を実現できそうです。これは買うしかない!というわけで購入ボタンをポチっと。

届いたので早速装着。どうですかこの佇まい。完全にノートパソコンじゃないですか?

ここにiPad miniを挟み込みます。内側に滑り止めのようなものがついていて、簡単にずれたり外れたりしません。

裏面にはこの通り四隅に滑り止め付き。机と比べて不安定な膝の上に置いても安心して使えそうです。

キーボードの配列はこんな感じになっています。commandキーがあるあたり同じApple製品のMacに似ていますね。一般的なノートパソコンとキーの位置はだいたい同じですが、enterキーがかなり小さくなっています。間違えてすぐ上のbackspaceキーを押し、文章を書くたびに意図せず消してしまうというのを毎回やって萎えていますが、こればっかりは慣れるしかしょうがないですね。入力や変換の仕様は、iPad mini側の内蔵キーボードに則っています。iPad miniのタッチキーボードをそのまま三次元化したようなイメージです。

iPad miniとの接続の仕方やコピー、ペーストといったキーの機能などは説明書に分かりやすく書かれていて、嬉しいことに操作自体も簡単です。機械音痴にはありがたい限り……。

今回の記事が、iPad mini用のキーボードを探している方の参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする