学生こそタブレットをフル活用しよう

スポンサーリンク

こんにちは。りーざです。

突然ですが、学生の皆さん、タブレットは使っていますか?私はガンガン使っています。

2010年頃はiPadが登場して注目を集め、街にはiPadを持った人があふれていたことは記憶に新しいですね。当時はまだまだガラケーが優勢だったこともありiPadはたいそう画期的なデバイスに映ったことでしょう。

しかし、それからスマホが普及し、スマホ自体のスペックもどんどん上がっていったことで、連絡手段やアプリといったすべての役割をスマホに一本化する人が増えてきたように思います。たとえば電車の中など見回してみても、タブレットを手に持った人は1車両に1人か2人いるかどうかで、圧倒的大多数がスマホの画面に見入っています。確かにタブレットでできることはほとんどスマホでもできますから、スマホ1台あれば事足りるようにみえます。そこにわざわざタブレットも持ち歩くのは、ただ荷物が重くなるだけなんじゃないか、という声も聞こえてきそうです。しかし、タブレットはかゆいところに手が届く素晴らしいデバイスなんです。一度タブレットの便利さを知ってしまったら、毎日持ち歩かずにはいられなくなるほどです。

スポンサーリンク

学生にこそタブレットをオススメしたい2つの理由

その1:レポート・卒論ラクラク!読みながら書ける!

レポートや卒論を書くとき、オンラインの資料や論文を参照する機会も多々あるでしょう。当然ながらそれらはびっしりと文字で埋め尽くされているわけですから、画面の小さなスマホで読むと非常に目が疲れて読みづらいです。

というわけでより画面の大きなパソコンで読む人が多いのではないでしょうか。小型パソコンであってもスマホより小さいということはまずないでしょうから、どちらが読みやすいかは明らかです。しかし、書く作業も同じパソコンで行われます。web上の資料や論文を見ながらレポートなどを書いているとき、こんな感じになってしまったことはありませんか?

パソコン1台で読みながら書くにはブラウザかwordの画面を小さくしなければいけませんし、場合によってはブラウザとwordを行き来しなければなりませんから、どうしても操作性が落ちてしまいます。

ここでタブレットの出番です。インターネットに繋いだタブレットで資料・論文を開けば、それを横に置いて参照しながらフル画面のwordに書き込むことができますので、ブラウザとwordを行ったり来たりを繰り返す必要がなくなります。スマホと異なり十分な画面の大きさもありますから目にもそれほど負担をかけません。

また、タッチパネル式というタブレットの操作性のシンプルさも作業中のストレス軽減に繋がります。私はpdf形式の論文をApple製品標準搭載のアプリiBooksに保存していますが、こうするとオフラインでも使えるので移動中やwifiのないカフェなどでも論文が読めて非常に便利です。

その2・スマホ以上パソコン未満。だからこそ小回りが利く。

スマホほどコンパクトなサイズでもないけれど、パソコン代わりとして使うには力不足。中途半端さが敬遠されがちなタブレットですが、それは裏を返せばスマホとパソコンの「いいとこどり」ができるということです。

大きすぎず小さすぎないほどよい大きさの画面で論文が読めて、スマホのような直感的な操作でそのページをめくることができます。かと思えば、別売りのキーボードをつけることでパソコンのように使うこともできます。

手持ちのiPad miniにArteckのApple iPad Mini用Bluetoothキーボードフォリオケースカバーを取り付けた図。

こんにちは。りーざです。 ひとつ前の記事でiPad miniに専用のキーボードを組み合わせて使っていることを書きましたが、使用開始から...
当記事最後に商品紹介あります。

こうすると、iPad mini唯一の弱点(と個人的に感じている)である文字入力のしづらさを克服することができ、操作性が格段に向上します。また、パソコンよりかなり小さく軽いので気軽に持ち出せますし、必要な時にはさっと鞄から取り出して使えます。

次項では、なるべくお金をかけずにタブレットをゲットする方法について考えていきたいと思います。

できるだけ安く手に入れるには

親やきょうだいなどの身内に聞いてみる

私がまさにこれでした。パソコンのひとつの画面で資料参照と執筆を並行する操作性の悪さに嫌気がさし、論文専用端末としてタブレットが欲しいと思い始めたので、ガジェットマニアな知り合いに安くて使いやすいタブレットについて教えてもらったり自分で通販サイトやメルカリを調べたりしていました。

それでもあまりよくわからなかったのでガジェットにそこそこ詳しい父親にも聞いてみたところ、5年前に買ったきり使っていないiPad miniを持っているとのことだったのでこれ幸いとありがたく頂戴しました。勝手な判断で買わなくてよかった、聞いてよかった、と心から思いましたね。皆さんも、購入ボタンを押すその前に、家電屋さんに駆け込む前に、まずご家族に持て余しているタブレットはないか聞いてみることをお勧めします。特にご家族にガジェット好きな方がいらっしゃれば期待大です。そうでなくても、何かの景品で当たったとか、スマホの契約でついてきたとかで、見向きもされないまま眠っているタブレットがあるかもしれませんよ。

なるべく古い型のものを狙う

スマホのように写真をたくさん撮ったりSNSアプリをあれこれ入れたりするわけではありませんから、大きな容量もずば抜けたスペックの高さも必要ありません。私のように学術用端末として使うなら、インターネットさえ繋がればよいのです。なので型落ちして安くなった商品を狙いましょう。私の愛用するiPad miniも2012年の最初期のモデルです。

ただ、初期モデルの宿命といいますか、画質が荒いんですよね……。ですので文字も読みづらいときが増えてきて、十分なお金が入ったら買い替えを検討しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする