トホホ……。某フリマサイトで万年筆を買った結果

スポンサーリンク

こんにちは。りーざ(@leeza_phoneki)です。

今回は、タイトル通りトホホな話です。と同時に注意喚起でもあります。

スポンサーリンク

何が起こったのか

先日、安価で個性的な万年筆が欲しいとふと思い立ったことから、掘り出し物狙いで某フリマサイトをうろついていました。ほどなくして、タータンチェック模様のかわいらしい万年筆に目を惹かれます。商品説明によると、ドイツ製のヴィンテージでMarksmanというブランドの万年筆とのこと。しかもコンバーター、カートリッジまでついてお値段2000円。太っ腹すぎる。国内外の有名文具ブランドにはなかなかないデザインだし、今は製造されていない貴重な一点ものに違いない!と、即購入キメてしまいました。高そうなアンティーク品をお手頃価格で買えて得したなあとウキウキでした。商品が届くまでは……。

商品到着、開封!芽生える違和感

数日して商品が届き、オリジナリティあるかわいい万年筆についに出会えるんだとそれはもうノリノリで開封しました。

……しかし、手に持って、しげしげと眺めて、いろいろと何かがおかしいことに気付きます。

「あれ?なんかやたらと軽いな?しかもキャップの模様はげてるし……」

確かに写真で見ても軽そうなイメージだったし、プラスチック製であることは了承の上で購入したのですが、プラスチックがあまりにもペラペラで安っぽく、まるで手に持っている気すらしないくらいボディが軽いのです。模様のプリントが一部こすれてなくなっていることに関しては、ヴィンテージ品だから仕方ないのかもしれないと思い、気を取り直して実際に使ってみようということになりました。見た目より中身。もしかしたらすごく使いやすいかもしれない。

キャップを外し、ペン先とご対面。明らかに錆びていました。再び不安が募ります。「ま、まあヴィンテージだし?古いものなんだから経年劣化はしゃあないしゃあない」と無理やり自分を納得させて、コンバーターにお気に入りのインクを詰めて書いてみます。インクの出が良すぎる。ドバドバ出る(これ、完全にフラグでした)。書き味は問題なかったと安堵し、しばらく使い続けることになりました。

問題多発!インクが全く出ない&インク漏れ

疑惑の念を抱えつつも、好調に使えていると信じていたある日、日記を書いていると突然ピタッ!とインクの出が止まったのです。インク切れかと思い解体するもコンバーターにはインクが満タンです。ということはペン先の問題だろうとペンの角度をあれこれ変えていると再びインクが出てきました。使い方に少しコツがいるタイプの万年筆なんだ、と勝手に結論づけていました。

しかし、それから何日かしてキャップを開けると、なんということでしょう。もうペン先、キャップの内側いたるところがインクまみれになっていました。鞄の中でこんなことが多発したら困るなんてものじゃない。残念だけれどこれはもう使えないな、と静かに引き出しにしまったのでした。

Marksmanって何物?

ここでようやくこの万年筆がまともじゃないと悟った私は、謎のブランドMarksmanについて調べてみることにしました。名の知れた、信頼を得ているブランドならウェブサイトがあるはずだし、もう廃業してしまっている場合ならそれに関する多くの情報が出てくるはずです。「Marksman ドイツ」とか「Marksman 万年筆」といったキーワードで検索してみましたが、公式サイトらしきものはいくら探しても見当たりません。唯一見つけたのは、「万年筆ブランドのMarksmanって何ですか?」という質問に対する「そんなブランドはありません」といった趣旨の回答でした。薄々感づいてはいたのですが、どうしても受け入れられなかったので英語でも調べてみることにしました。’Marksman fountain pen’ みたいなキーワードで。日本語で調べたときよりいくらか多い情報が得られましたが、それはMarksmanの不存在をより確実に証明するものでした。曰く、「Marksman?それはドイツのブランドのじゃないよ!中国製の安いやつだよ!」とのことでした。つまり、ダイソーや雑誌付録の廉価版万年筆と品質としては変わらないということになります。素材感や中華万年筆の相場からして、おそらく実際の値段は100円~200円くらいでしょう。しかも使えないのだからもっと悪い。そんなものに2000円も払ってしまったなんて……とたいそう落ち込みましたね。高い勉強代だったと思ってあきらめるしかないです。

まとめ

こんな悲しいお金の使い方をしないためにも、詳細不明な万年筆を買うときはブランド名などの事前調査が肝心です。購入ボタンに手を伸ばすその前に、そのブランド名で検索検索!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする