雨の日の外出を快適に!自転車かごカバー+リュックのススメ

スポンサーリンク

こんにちは。りーざです。

ここのところ梅雨のように毎日雨続きで嫌になりますね。更新が滞っているのも、太陽光がないためレビュー用の写真が綺麗に撮れないうえに、この陰鬱な天気に気が滅入ってしまいパソコンの電源を入れる気力もなくなってしまっていたからです。元気だけが取り柄みたいな若い飼い犬でさえ、最近はいつも犬用ベッドの上でしおれています。天気が生き物に与える影響って結構大きいんだなあと実感した次第です。しかもこの雨、当分は続きそうですね……。これ以上私たちから元気を吸い取らないでほしい……。

さて、雨だと外を歩くのにも一苦労ですよね。傘を差し、自分の体だけじゃなく荷物も濡らさないように気を配らないといけません。特に最近はスマホを筆頭とする精密機械を持ち歩く人も増えていますからね。ますます濡らすわけにはいきません。私の周りにも、鞄にしまっていたスマホやパソコンが雨に濡れたせいで壊れてしまったという人が何人かいます。雨は恐ろしい……。

そんな悲劇を未然に防ぐためには、鞄を雨から守ることが第一になります。ですが、手提げかばんならともかく、リュックを使っていると傘だけで鞄を守るのに限界を感じませんか?どれほど傘を背中の方に傾けていても、よほど大きな傘でない限りリュック全体を覆えませんし、かといって前に抱えて歩くのもなかなかやりにくいです。そこで登場するのがザックカバー。

スポンサーリンク

大事なリュック、お守りします!ザックカバー

雨に濡れないようリュック全体を覆ってくれるのが、防水素材でできたザックカバーです。リュックカバーじゃないの?と不思議に思ったのでちょっと調べてみたのですが、

ザックとは、日本で使われる「リュックサック」の略で、 “rucksack” のドイツ語発音「ルックザック」を略したもの(「バックパック」と「リュックサック」「ザック」の違いは?より)

ということらしいです。要は、前から取るか(リュック)後ろから取るか(ザック)の違いですね。というわけで、ザックカバー=リュックカバーと考えて差し支えないでしょう。

(転載元:Naverまとめ

こんな感じにリュックをすっぽり包みます。これは心強い!

しかし、大きな問題が……。

それは、「高い」ということ。1枚4000円とか、場合によっては1万円近くするらしいです。なんてこったい。いいリュックがもうひとつ買えるじゃないか。

ところが実はなんとその40分の1の値段で同じものが買えちゃうらしいですよ!そうです、我らが救世主100均です。

100均では、「自転車かごカバー」という名前で販売

……というより、当然ですが、本来自転車かごの防水用です。ですが、それがまるで狙ったかのように一般的な大きさのリュックにちょうどいいサイズ感なんです。そのため以前から注目されていて、リュックカバーとして活用している人たちがすでにたくさんいるようで、Naverまとめ『100均自転車かごカバーがザックカバーに使える!』にまとめられています。私もこのまとめを読み、6月ごろ梅雨に備えようということでいろいろな100均を回り、ダイソーで購入しました。それがこちら。

見事にジャストフィットです。はじめて装着したときは感動しましたね。ぴったりやん!て。あつらえたようにとはまさにこのこと。ちなみにリュック本体はkanken laptop 15を使っています。こちらもたいへん使い勝手の良い優れたリュックなので後日紹介したいと考えております。

まとめでは大きさの問題で後ろカゴ用が推奨されていましたが、これが前カゴ用と後ろカゴ用のどちらだったかは失念してしまいました。ただ、いずれにせよ100円で2枚入っていたことだけは確かです。100円どころか1枚50円。かなりお得です。

ただ、この写真からでもわかるように、あまり見た目がよろしくない……。本当はまとめにあるみたいなチェック柄とかの見栄えがするやつが欲しかったのですがなかったんですよね……。今度別の大型店舗に立ち寄る機会があったらかわいいの探してみます。

この「100均ザックカバー」を導入してからというもの、雨の日の通学、外出が非常に快適になりました。これを付けているとリュック本体が全くと言っていいほど濡れません。雨がそれほど強くなかったり短い時間歩くだけなら安心して傘を差さずに歩けるのも嬉しいです。

最後に一番大事なことを。100均でかごカバーを選ぶときには「防水」と書いてあるものですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする