メルカリ・アッテってどうなの?

スポンサーリンク

こんばんは。りーざです。

先週はじめてメルカリの姉妹アプリ、atte(アッテ)を通してやりとりをしたので、その感想も交えつつアッテの噂を検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

atte(アッテ)ってどんなアプリ?

なんでも募集できる地域コミュニティアプリ、「メルカリ アッテ」。いつも使っているメッセージアプリ感覚でチャットをするだけで取引できるから、とってもかんたん! しかも、手数料なしの完全無料だから、タダで欲しいものをGETできちゃうかも。

引用元:メルカリ・アッテ

大手フリマアプリ、メルカリが運営しているため基本的なユーザーインターフェイスはメルカリとほぼ同じです。ただ大きな違いとしては、メルカリのように郵便や宅急便を通して商品をやりとりするのではなく、アプリ名が示すように実際に「会って」取引するという点が挙げられます。そのため近所の利用者の出品を検索する機能が充実していて、自分の居住地から5km~100km圏内までを指定して絞り込めます。まあ100km遠くの利用者とやりとりすることはよほどのことがない限りないでしょうが……。交通費の方が高くついてしまいそうです(汗。

メルカリでは最安値でも300円からしか出品できないのですが、アッテでは0円からの出品が可能です。そのため、お金はいらないから誰か持ってってーという場合にも使えちゃうんです。

商品を選び、応募ボタンを押すと、出品者と取引メッセージのやりとりができるようになります。この取引メッセージを通じて詳細な時間や場所を決めます。既読、未読表示もついていて通話アプリ’LINE’みたいです。

文字通り人と人との対面での取引なので、送料や手数料もかからないのが魅力です。なので重くてかさばり高額な送料がかかりがちな家具家電や乗り物の取引が盛んな印象を受けます。買い手に来てもらって、お金を受け取って終わりですからね。自分で梱包して郵送して……。とあれこれ整えるよりもだいぶ手軽です。テレビとか戸棚とか、宅配所に持ち込むだけでも重労働ですから。

さらに、物品だけではなくサービス、たとえば自身のスキルを活かした料理教室だとかネイルアート講座だとかの出品も可能なんです。当然値段も自分次第。この自由さは、次項で書くように問題な出品を増やしてしまう一因にもなってしまうのですが……。




無法地帯って聞いたけど大丈夫なの?個人情報は?出会い厨が多いって本当?

先日、フリマアプリで有名なメルカリの子会社からリリースされた、直接”会って”商品やサービスの売り買いができる「…

などにもあるように、特にサービスのカテゴリーで明らかに出会い目的の募集や検索妨害にしかならないようなしょうもない出品にあふれていた時期もあったようです。しかしこれは今から1年半も前の記事ですし、運営による取り締まりの強化などで状況はだいぶ改善されてきているように感じます。現に、普通に日用品を探す分にはまともじゃない出品を見つける方が難しいです。それでも相変わらずサービスカテゴリーには出会いっぽい怪しい募集がちらほらあったりしますが、そういうのは割とすぐ分かりますし、プロフィールには性別欄がありますので出会い狙いと思われる異性もある程度は避けることができます。また、メルカリと同じように評価数も出品物一覧も表示されますので(メルカリと連動させていればメルカリの評価数も)、一定の高評価、売れた商品があるなどの基準でまともな出品者を選別することも可能です。

そして個人情報ですが、出品においても購入においても正確な住所を掲載する必要はないので、言うほど心配することもありません。出品者情報には「だいたいここら辺」程度の地図しか載りませんし、相手に自分の住所を伝える必要もありません。今回私と取引した出品者さんはご住所を教えてくださりましたが、自分の家を知られたくなければ、取引メッセージを通じてどこか別の待ち合わせ場所を指定することもできます。




実際にアッテみた結果

パソコンなどの電子機器や書籍が山積した日常使いしている机とは別に、汚れなど気兼ねなく使えて部屋の雰囲気に合う趣味用のミニテーブルが欲しくなってきたので、アッテで安く買えないだろうかと検索かけてみました。確か検索条件は自宅付近から5km圏内だったと思います。いくらミニとはいえそこそこの大きさと重さのある家具ひとつを徒歩或いは公共交通機関で家まで持ち帰るには、距離が近いことが絶対ですからね。

探し始めて5分もしないうちに、良さげな白テーブルを見つけました。お古とはいえたいへん状態が良く、後ろに写りこむお部屋にも清潔感が感じられます。値段を見てみると1000円。安い。安すぎる。出品者の位置情報は、私がたまに使う、自宅からバス1本で行ける最寄り駅付近でした。交通の便もばっちりです。キミに決めた。

というわけで早速応募ボタンを押し、出品者さんとメッセージをやりとり。出品者さんのお宅に直接伺うことになりました。住所を読み間違えていて反対方向に進んでしまうなどのハプニングはありましたが、早めに向かっていたため大して影響はなく、グーグルマップに頼りつつも無事約束の時間までにたどり着くことができました。出品者さんはとても感じのいいお母さんで、最後まで気持ちよく取引ができました。今ではその白テーブルも私の部屋にすっかり馴染み、インク遊びにレジン遊びに日々活躍してくれています。これで1000円なんて素晴らしすぎる。怖いどころかとてもトクした私のアッテ体験談でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする