トラベラーズノートの写真について

スポンサーリンク

りーざです。

今日は趣味のお話をしたいと思います。

プロフィールにもある通り、私は文房具が好きです。

皆さんは文房具というと何を思い浮かべますか?鉛筆、ノート、シャープペン、消しゴム……。ざっとこんなところでしょうか。今回の記事の主役はノートです。ノートといってもただのノートじゃありません。その名もトラベラーズノート。

スポンサーリンク

トラベラーズノートとは?

トラベラーズノートは、トラベラーズファクトリー(旧ミドリ)さんが販売している牛革製のノートです。『旅するように毎日を過ごす』をテーマに生み出されただけあって、1冊携えて旅に出たくなるような仕掛けがいっぱい詰まっています。

特筆すべきはその自由度の高さ。牛革の表紙の内側に好きなように詰め替えのノート(リフィルと呼ばれ、様々な種類のノートや手帳を含みます)やポケットを挟み、自分に使い勝手のいいように、また、ノートのゴムバンドに好きな飾り(チャームと呼ばれます)を付けたり表紙や中のノートにシールを貼ったりと、外見も自分好みにカスタマイズできます。私はこんな風にしました。ウィークリーの手帳メモ用の方眼日記用の無地が挟んであります。

2017年限定のオリーブエディションです。購入翌日、早速カフェに持ち出したときの写真です。比較用に開けたてホヤホヤの初期状態も下に用意しました。色が全然違うように見えるのは光の加減によるものです……。

10年近く前に親戚からもらったものの、髪が短いため使う機会が全くないままゴム部分が伸びきってしまいヘアゴムとしての役割を全く失ってしまった飾りゴムの飾り部分を切り取って、このノートのゴムバンド部分に装着しました。しおりの下にぶら下がってる金ボタンも中学生の頃のお気に入り服から取れたものだし、ビバ再利用。

使い道は?

先述した通り自由度の高さをウリにしたノートなので、それこそ使い方は十人十色です。手帳として使う人、日記として使う人、はたまた家計簿ダイエット記録として使う人などいろいろいます。ですが、「トラベラーズ」ノートなだけあってやはり日記、特に旅行記として使っている人が多い印象を受けます。「トラベラーズノート 旅行」なんかのキーワードで画像検索なりインスタグラムなりすると、旅行先で撮ったたくさんの写真を現像して貼り付けた、見た目にも鮮やかで楽しい旅行記がたくさん出てきます。まぶしい……。

私自身も、今までは文字だけの日記を書いていたのですが、ひと手間かけて、その時撮った写真を貼るようになってからは後から読み返す楽しさが増えました。写真のプリントアウト、確かに面倒だけれど写真があるのとないのとでは見やすさが全然違うんです。

どうやって写真を?

はい、こうやって。

プリクラみたいに、複数の写真が線で仕切られて1枚になっているのがわかりますね。これ全部、スマホからの操作だけでできちゃうんです。

やり方は簡単。まずスマホで撮った写真をLINE CAMERAなどの画像加工アプリで4枚組み合わせて保存し、それをコンビニでL判写真プリントするだけです。L判を4分割するとちょうどトラベラーズノートにぴったりなサイズになります。私はセブンイレブンを使っているので、セブンイレブンのマルチコピー機を使うやり方を説明していきたいと思います。

お手持ちのスマートフォンに セブンイレブンマルチコピー のアプリをインストールします。

インストールリンク→iPhone/ iPad用 Android用

セブンイレブンのマルチコピー機で、写真プリント→インターネット通信 の順に選択します。

セブンイレブン指定のwifiネットワークにスマートフォンを接続し、アプリ セブンイレブンマルチコピー を開きます。

写真プリント を選択し、任意の写真をスマートフォンの画像フォルダから選んで印刷します。

L判1枚につきセブンイレブンで30円なので、30円で4枚分のトラベラーズノートサイズの写真ができるということになりますね。1枚につき7.5円ということになるでしょうか。ご自宅にプリンターと光沢紙があればさらに安く、手軽にすることも可能でしょう。

とはいえ……。

いちいち編集して、ネットに繋いで印刷、というのはなかなか手間がかかります。本音を言えば、撮ったそばから現像できるカメラ、チェキが欲しいですね。でもお金が足りない……。

追記

買っちゃいました。わざわざコンビニに足を運ばなくても、高品質で味わいのある写真をすぐ現像できるのは良いものです。

こんにちは。りーざです。 昔こんな記事を書いたと思うのですが、その中で「トラベラーズノートに貼る写真のためにチェキが欲しい」とかなんと...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする